市場からのお知らせ

ポジティブリスト制度について

これまで以上に農薬散布に気をつけましょう 食品衛生法が改正され残留農薬のポジティブリスト制度が平成18年5月29日から施行されます。今まで残留農薬基準値が設定されてない農薬にも、「人の健康を損なうおそれのない量として厚生労働大臣が定める量」として、0.01ppmという低い数値が設定されることになります。この基準値を超えると、生産物の出荷停止・回収などの対応が求められる可能性があります。  農薬の使用基準はもちろんのこと、周辺の圃場の農作物に農薬が飛散しないように注意するとともに、地域の農家と一体となった取り組みが大切になります。

特に注意すべき点…飛散

農薬を散布することを周辺の栽培者に伝え、日頃からコミュニケーションをとるなど、地域農業者とお互いに連絡を取り会い協力することが大切です。 例えば、水稲に使用する農薬が周辺で栽培されている農作物に登録(適用)がない場合は注意が必要です。
【特に注意するポイント】
  〇圃場と圃場の距離が近い場合。
  〇周辺圃場の農作物の収穫が近づいてきた場合。
  〇飛散が起こりやすい散布方法の場合。
【飛散が起きやすくなるポイント】
  〇風が強いほど飛散距離は大きくなります。
  〇散布圃場に近い場所ほど飛散量は多くなります。
  〇細かすぎる散布粒子のノズルを使用する場合。
  〇散布圧力を上げすぎる場合。

飛散を防ぐための対応策

飛散をできるだけ減らすように工夫して散布するようにしましょう。また、農薬を散布したら必ず栽培日誌に記帳するようにしましょう。 【農薬散布時に気をつけること】
  〇必要最小限の量と区域で農薬を散布する。
  〇農作物の近くから、農作物だけに農薬を散布する。
  〇圃場の外側から内側に向けて農薬を散布する。
  〇細かすぎる散布粒子のノズルはできるだけ使用しない。
  〇散布圧力をできるだけ抑えて使用する。
  〇タンク、ホースは洗いもれがないようにきれいに洗う。
【有効な対策】
  〇周辺の農作物にも登録のある農薬を使用する。
  〇飛散が起こりにくい剤等(粒剤等)を使用する。
  〇周辺の農作物をネットやシートなどで一時的にさえぎる。

相談窓口

万一、飛散が起こったと思われる場合、すぐに周辺の栽培者に連絡するとともに、指導機関に相談しましょう。 【地域の指導機関】
  〇米子農業改良普及所
   米子市糀町1丁目160番地
   TEL:0859-31-9685 FAX:0859-34-1083
  〇JAなどの地域の農業団体の営農指導員
  〇病害虫防除所
【関連リンク】
  〇JA全農(ポジティブリスト制度)
  〇農林水産省(農薬コーナー)