社長挨拶

 米子青果は昭和15年に設立して以来、青果物の流通を通して地域の皆様に愛され支えられ今日に至っています。
 創業当時から時代が移り変わり、会社をとりまく環境も大きく変化しました。それは、インターネットや通信販売の普及により街のスーパーへ卸さないで産地から直接消費者へ青果物を届けることが可能になったためです。
 今後さらに青果物の流通の経由率が減少していくと予想される中、黙っていても売れていた時代から、付加価値を付けないと売れない時代となりました。

 そこで米子青果が今後、取り組む3つの柱を挙げます。
 まず第一に、今まで以上に安心・安全な商品を提供すること。
 第二に、安心・安全な商品が売れるような「提案」を行うこと。バイヤーには適した料理方法を提案し、生産者には売れ筋の青果物の栽培を提案します。そのため社内には野菜ソムリエの取得者が増えています。
 第三に、商品のクレームを生産者だけに負わすのではなく、我々も背負うこと。リスクを負うことで、流通する青果物は「米子青果」のブランドとなります。
これからは、生産者と共に青果物を作り、バイヤーと共に消費者へ届けることこそが一番大切なことと考えます。
 また、今後の展開として自ら青果物の栽培や製造へ取り組んでいこうと考えています。
 
 社員一丸となり若い英知とエネルギーを結集し、今までの古い発想を塗り替えていこう!
 新時代の青果流通に積極的にチャレンジし、未来へ羽ばたく夢ある企業を目指していこう!

代表取締役社長
上田博久