0859-22-3245

業務内容

米子青果の仕事

生産者と小売業者の間に立ち、需要と供給のバランスを考慮した公正な価格を決定する立場が「米子青果」です。

青果流通には
必要不可欠な青果市場

米子青果に集荷された青果物には価格は決められておらず、当社の営業担当者が野菜や果物を『出来るだけ高く売りたい生産者』と『なるべく安く買いたい仲卸業者・小売業者』の間に立ち、需要と供給のバランス、青果物の生産コスト、品質の優劣等を充分に考慮したうえで、公正な価格を決定し、販売します。そして、価格の付けられた青果物は、仲卸業者や小売業者、量販店、中食産業、外食産業を経て、消費者へと供給されていきます。

また、営業担当者は青果物の年間の安定供給を図るため、日々全国各地の生産地と連絡を取り合い、季節ごとに栽培に適した生産地のリレーを行いながら、市場流通が途切れることのないように青果物を集荷、供給しています。供給の増減や価格の上昇、下落などが消費者の食卓に影響を及ぼすため、生産地のリレーは、市場にとって、非常に重要な役割になります。

青果流通の経路

青果市場は生産者と小売業者の間に立ち、需要と供給のバランスを考慮し公正な価格を決定する青果流通にはなくてはならない存在です。

※1 全国各産地(例:北海道、青森、長野、四国、九州各地)
※2 輸入商社からの荷物(バナナ・オレンジ・グレープフルーツ・ブロッコリー等)
※3 県外仲卸からの荷物(東京、大阪等の県外市場から県外産の青果物を転送販売)
※4 仲卸は量販店へ納品する業者と給食等へ納品する業者がいます。
※5 競りではなく、事前の商談で単価を決めて販売します。

生産者と消費者の笑顔を結ぶ

食を通じて地域の人々へ笑顔を結ぶ企業を目指します。
ええもん畑
生産者

松岡 政彰 

キャベツの周年栽培を目指して

キャベツを生産しています。一圃場一年一作とし、土を休ませ、有機物をしっかりと入れることで、良い土を作ることにこだわっています。農業は自然環境に左右される大変な仕事ですが、その分やりがいや夢のある仕事です。これからも努力を続けて安心安全で美味しい野菜を作り続けていきたいです。今は、ええもん畑のキャベツ部会の部会長を担当。キャベツの周年栽培の波及を目指して頑張っています。
ええもん畑
生産者

清水 秀弘 

安全で美味しい野菜を

人参、白菜、大根、スイートコーン、スイカ、花などをつくっています。子供でも食べれる安全で美味しい野菜づくりのために、30年以上農業を続けていますが、過去には色々と失敗を繰り返してきました。その経験を若い農家に伝え、逆に若い人ならではの新しい情報を教えてもらっています。今後は本当の野菜の美味しさを知ってもらえる様な「観光農業(収穫体験)」などもチャレンジしていきたいと思っています。
㈱フーズマーケット
ホック 安倍店
チーフ

近藤 友 

㈱フーズマーケット ホック 安倍店

チーフ 近藤 友 

良い野菜をできるだけ安価に!

良いものをできるだけ安くお客さまに提供できるよう努力をしています。また野菜の旬に合わせてコーナーを変化させ、お客さまに旬の美味しい野菜を食べていただくことをお勧めしています。今は個食の需要が多くなっているので、食べたい野菜を食べたいだけ提供できるカット野菜のレパートリーも増やしていきたいですね。米子青果さんからのアドバイスをいただきながら、新しい商品展開などに取り組んでいこうと思います。
ANAクラウン
プラザホテル米子
和食副料理長

福島 和久 

ANAクラウンプラザホテル米子

和食副料理長 福島 和久 

素材を活かした調理で美味しく!

地元の野菜を豊富に取り扱っている米子青果さんから仕入れをしています。旬のお薦め野菜の提案など、こちらの意向を汲んでくださるので非常に助かっています。素材の美味しさを壊さないような調理方法を心がけています。また、青果以外にも奈良漬けやお餅などのこだわりのオリジナル商品を作られているので、これから積極的に献立に使わせてもらいたいと考えています。

業務内容

日本全国の生産地からJA、出荷組合、産地仲買人、輸入商社などを経て集められた青果物を小売業者・仲卸業者へ公正な価格を決定し、販売しています。
卸
卸業者が全国各地から集荷した青果物を買い受け、小売業者が買いやすい単位に仕分け・調整し、販売しています。
仲卸
オリジナル小売ブランド商品の開発・製造・販売を行っています。青果物を知り尽くした市場ならではのこだわり商品です。
製造
総務経理全般から、人事、広報、経営戦略など幅広く会社全体の業務を行っています。
管理