早川さん

第一営業部 課長
野菜担当

2006年 新卒入社
早川 和宏
HAYAKAWA KAZUHIRO

早川さん 早川さん

お客様の笑顔、消費者の笑顔を作り、地域の食を支える。

チャレンジ精神が会社の原動力

米子青果は安心安全な青果物の流通はもちろん、地元こだわりの本当の美味しさを追求した野菜と果物のブランドや、自社で加工するオリジナルブランド商品にも力を入れています。地元の食材を中心に昔ならではの製法で作る「手作り餅」や「干し芋」、「奈良漬け」、「金山寺みそ」などの販売や、インターネットショッピングも取り組み始めました。自分の実務面では、ある程度自分なりに時間と経験を積んだ今、新たな取引先を自分で開発させてもらえるなど、とにかく未来志向でチャレンジ精神のある社風が好きです。

自分も社会の役にたっている

私は土物類と言われるタマネギやジャガイモなどの野菜の販売の担当をしています。気がつけば入社してから沢山の経験を積ませていただき、振り返ればお客様からも信頼を獲得できるようになりました。おかげさまで販売力も付いてきたと思っています。仕事の中で私が一番大切にしていることは、お客様の要望にきちんと応えることです。その商品が売れ、お客様に喜んでもらうことです。ニーズに合ったものをきちんと見極め、供給することでおのずと結果はついてきます。お客様の笑顔、そしてその先の消費者の笑顔を作り、地域の食を支えているこの仕事を通して社会の役に立っていることを誇りに思っています。

教育する立場で頑張る

仕事をする上で大変なことは、体力面よりもメンタル面だと思います。ストレスがたまることもあれば、テンションが上がらないこともあります。現在私には直属の後輩が4人いて、心がけていることがあります。それは、とにかく丁寧に相談にのってあげること、わかるまで教えること、きちんと先輩として経験を活かしたアドバイスをしてあげることです。年3回の会社の行事以外にも部署単位で飲み会もしてコミュニケーションをしっかり取り、チームの団結を図っています。若い社員は私にとってかわいい存在ですし、仕事を楽しんで続けてもらいたいと思っています。若い社員をきちんと育ててあげることが、私なりの社会貢献だと思っています。

チャレンジ精神が会社の原動力

米子青果は安心安全な青果物の流通はもちろん、地元こだわりの本当の美味しさを追求した野菜と果物のブランドや、自社で加工するオリジナルブランド商品にも力を入れています。地元の食材を中心に昔ならではの製法で作る「手作り餅」や「干し芋」、「奈良漬け」、「金山寺みそ」などの販売や、インターネットショッピングも取り組み始めました。自分の実務面では、ある程度自分なりに時間と経験を積んだ今、新たな取引先を自分で開発させてもらえるなど、とにかく未来志向でチャレンジ精神のある社風が好きです。

自分も社会の役にたっている

私は土物類と言われるタマネギやジャガイモなどの野菜の販売の担当をしています。気がつけば入社してから沢山の経験を積ませていただき、振り返ればお客様からも信頼を獲得できるようになりました。おかげさまで販売力も付いてきたと思っています。仕事の中で私が一番大切にしていることは、お客様の要望にきちんと応えることです。その商品が売れ、お客様に喜んでもらうことです。ニーズに合ったものをきちんと見極め、供給することでおのずと結果はついてきます。お客様の笑顔、そしてその先の消費者の笑顔を作り、地域の食を支えているこの仕事を通して社会の役に立っていることを誇りに思っています。

教育する立場で頑張る

仕事をする上で大変なことは、体力面よりもメンタル面だと思います。ストレスがたまることもあれば、テンションが上がらないこともあります。現在私には直属の後輩が4人いて、心がけていることがあります。それは、とにかく丁寧に相談にのってあげること、わかるまで教えること、きちんと先輩として経験を活かしたアドバイスをしてあげることです。年3回の会社の行事以外にも部署単位で飲み会もしてコミュニケーションをしっかり取り、チームの団結を図っています。若い社員は私にとってかわいい存在ですし、仕事を楽しんで続けてもらいたいと思っています。若い社員をきちんと育ててあげることが、私なりの社会貢献だと思っています。

フッター

米子青果2021年採用サイト

© 2019 YONAGO SEIKA ALL Rights Rwsewved.